みぎのほっぺにえくぼ

ネフローゼ症候群完解食事日記

          ちひろ美術館「ずっと長さんとともに―長新太が描いた子どもの本―」

f:id:migiekubo:20130927205700j:plain

ちひろ美術館 東京
企画展 ずっと長さんとともに-長新太が描いた子どもの本-

幼少期の頃から大好きな長新太さんの企画展をみにいってきました!
私のルーツはここにあり!という感じでした。
長新太さんは漫画家、イラストレーター、エッセイスト、絵本画家さんです。
一番のお気に入りの絵本は
キャベツくん』と『ちへいせんのみえるところ』です。

展示は、
いわさきちひろさんの「ちひろ・絵本づくりの現場」と
長さんの展示が同時に開催しておりました。

長さんの絵本の原画を初めて拝見させていただきましたが、
やはり生は違いますね…!
印刷された絵本も素敵で魅力的ですが、
原画にはさらにパワーがありました。
勢いのある筆跡、色の透明感や光沢感が目に見え、
ライブ感があるというか、
「絵」というものに肯定的であるように思いました。

長さん、かっこいい!

写真は購入したポストカードとピンバッジです。
(´∀`*)

ちひろ美術館」は
絵本がたくさんあり、カフェもあり、
大変居心地よくて長い時間楽しみました♫
(-^〇^-)♪
ちひろさんの可愛い子どもたちの絵がとても可愛かったです。

帰りの電車でとなりに座った赤ちゃんに
熱い視線で見つめられたので、
プレドニン飲んでいるのでマスクしているのですが、
マスクをとって「こんにちは」と挨拶したら
へらっと笑って可愛かったです。
でマスクを戻したら、
手を上下させて「マスク取れ!」と言っているようで、
また取ってみせたらピタリと動きが止まって、
またマスクをすると「取れ取れ」と手をバタバタさせて…、
と繰り返してました(^◎^)♪